Experience New Zealand
知られていないニュージーランドは手が届くところに・・・

ツアーで楽しむ: アクティビティ

アクティビティ パッケージ

Tour Package :ワナカ・アスパイアリング国立公園でアクティビティ体験!

Wanaka – Immerse youself in Wanaka Aspiring National Park Activities

トンガリロ国立公園

パッケージ内容:
終日レイク・クルーズ+離島ウォーク+4WDファームツアー
終日ロブロイ氷河ウォーク+ヘリハイク
宿泊先からの往復送迎付き

ツアー概要 地元で人気の避暑地ワナカを思いっきり楽しむアクティビティのパッケージツアーです!クイーンズタウンの観光地化した場所ではない、でもクイーンズタウンからほど近いワナカでニュージーランドの大自然を体験しませんか?“定番ニュージーランドツアー”ではできない貴重な経験・一生心にのこる景色をご自身の目で体で味わってください!
料金/2名より (~2019年3月) NZ$1189.00/人~
・終日アクティビティ2日間
・宿泊施設からの往復送迎
その他 ご質問・追加情報をご希望の場合は下の「お問い合わせ」ボタンからお問い合わせください。パッケージツアーの内容はお客様のご希望に応じてカスタマイズすることも可能です。例えば宿泊付きにしたいなど、ご要望に応じます。

Day 1: Arrive at Wanaka by own

ワナカまではご自身にて移動して頂きます(定期路線バスや日本語ガイドの送迎手配をご希望の方はお問い合わせ下さい)。ワナカ到着後は、明日からの終日アクティビティに備えてゆっくりとお過ごしください。ご宿泊先はご自身でのお手配となります(ご希望により弊社で宿泊先の手配も可能ですのでお問い合わせ下さい)。ワナカの街には多くのレストランがありますので、街を散策しながらレストランを決めるのもいいですね。

- ホテル: ご自身にて
- 食事: なし
パラグライディング
パラグライディング

Day 2: Wanaka Mt Aspring National Park – Full Day Wanaka Nature Encounter (approx. 8.5 hours)

ワナカネイチャーエンカウンターは終日のアクティビティで、レイククルーズ、離島ネイチャーウォーク、4WDファームツアーを含みます。まずはじめにレイククルーズ。ボートに乗り込みワナカ湖を渡ります。モウ・ワホ島に到着したらガイドとネイチャーウォークスタート!知識豊富なガイドが、モウ・ワホ島に生息するニュージーランド固有の鳥や植物を説明しながら進みます。島の頂上からは息を飲む景色をご覧いただけることでしょう。ウォーキングの後はワナカの街へもどり、一旦解散。街中のカフェなどでご自身で昼食をお取りいただきます。午後からは世界遺産マウントアスパイアリング国立公園内の完全プライベートの広大なファームを4WD車で駆け抜けます。ガイドお勧めの絶景ポイントで写真ストップしたり、ファームでコーヒーブレイクなど、山頂の澄み渡った空気と自然を思う存分お楽しみください。

- ホテル: ご自身にて
- 食事: なし
パラグライディング
パラグライディング

Day 3: Wanaka Mt Aspiring National Park – Full Day Glacier Discovery (approx. 8.5 hours)

さあ2日目。今日は空からワナカの大自然に触れていただきます。終日のグレーシアディスカバリーは30分のシーニックヘリコプターフライトと氷河(または雪山)着陸並びに、ガイドネイチャーウォークの二つから成り立っています。まずはワナカ湖をドライブしてマツキツキ・バレーへ。そこで待っているヘリコプターに乗り込み、雪をまとった山袖ギリギリに近付きながらスリリングなフライトをお楽しみいただきながら、氷河(または雪山)に着陸!何千年、何億年もの昔と変わらぬ氷河(雪肌)を堪能していただいた後は、ヘリコプターでガイドの待つラズベリーフラットへ。次はロブロイトラックをハイキング。羊や牛たちがくつろぐファームを抜け、経験豊富なガイドが道中のハイライトを説明しながらマウント・アスパイアリング国立公園内を進みます。釣り橋を渡り、森林限界ラインを登りきると、遂に氷河を覆ったロブロイ氷河山頂を望む絶景が広がります。絶景の中でピクニックランチをお召し上がりいただいた後は来た道を戻り、車でご宿泊先までお送りして今回のアクティビティがすべて終了となります。※ご希望に応じてカスタマイズすることも可能ですのでお問い合わせください。

- ホテル: ご自身にて
- 食事: ピクニックランチが含まれます。
お問い合わせ
予約

Tour Package 1:トンガリロ国立公園 – 国立公園でアクティビティ三昧を耽る

Tongariro – Immerse youself in National Park Activities – including accommodation

トンガリロ国立公園

パッケージ内容:
トンガリロ国立公園での宿泊(2泊)、
トンガリロ山終日ハイキング(トンガリロクロッシング)、
トンガリロリバーラフティング(ホワイトウォーターラフティング)、
終日ハイキングおよび半日ラフティングへの送迎、

Highlights 旅行代理店で並ぶパンフレットに載っている“定番ニュージーランド周遊ツアー”から離れたい、日本人の観光客があまり行かないところへ行きたい、本当のニュージーランドを体験したい。そのような希望を出しているお客様が増えているため、北島中央エリアを代表するカセット・パッケージの企画があります。ニュージーランドのローカルな暮らしを経験しながら、スリル満点のアクティビティにも参加できます。含まれるのは宿泊の手配(2泊)、知名度の高いトンガリロ・クロシング・一日ハイキング、ホワイト・ウォーター・ラフティング、そして一部の送迎。
料金/2名より (~2015年3月) NZ$450.00/人~
・トンガリロ国立公園内の宿泊(2泊)
・終日トンガリロクロッシングハイキング
・ハイキングおよびラフティングへの送迎
Enquiry ご質問、追加情報の入手をご希望される場合、お問い合わせをしてください。パッケージツアーの内容はお客様のご希望に応じてカスタマイズすることも可能です。
パラグライディング
パラグライディング

Day 1: Arrive at Tongariro Accommodation by own

宿泊先までご自身にて移動をして頂きます(もしくは路線バス、日本語ガイド送迎の手配も可能です)。宿泊先に到着すると、明日に行う終日ハイキングのためにゆっくりと休養をとります。宿泊は基本マルチ・シェア・タイプ(4名の相部屋)ですが、2名・1室でも、1名・1室の手配も可能です(お問い合わせください)。ローカルな方々も、各国から来られた方々とコミュニケーションを取りながら明日、一緒にハイキングのゴールを目指します。

- ホテル: ディスカバリー・ロッジ(予定)2名・1室(ツイン利用)
- 食事: 含んでいません

Day 2: Tongariro National Park - Full Day Tongariro Crossing Hiking (approx 8 hours)

トンガリロ・クロッシング・ハイキングは毎年のように世界トップ10の一日ハイキング・トラックで選ばれ、人気コースです。人生観が変わると言われているトンガリロ・クロッシングで、アクティブなハイカーでも一度必ず歩きたいという。7~8時間の18.5キロのハイキングになりますが、見所は数多くあり、飽きのないコークです。山に点在している泉(冷水・温水)、溶岩流、活発的な火口、噴出熱水孔、そして息を呑むほどのエメラルドブルーレイクに出会えます。同じ国立公園にある別の山(ナラホエ山、ルアペフ山)も見えますし、天気が良ければ150キロも離れているタラナキ山まで見えます。標高は776から1100メートルある迫力のあるハイキングです。ハイキングのスタート・フィニッシュ地点までの往復送迎は含まれています。

- ホテル: ディスカバリー・ロッジ(予定)2名・1室(ツイン利用)
- 食事: 含まれません

Day 3: Tongariro National Park – Half Day Tongariro River White Water Rafting

昨日のハイキングで多少の疲れ、筋肉痛はあるかもしれないので、宿泊のチェックアウトまでごゆっくりどうぞ。午後(2時)になると、トンガリロ川のホワイト・ウォーター・ラフティングに挑戦します。昨日ほど体への負担がないので一安心ですが、昨日と違ったアドレナリンが働きます。前日のハイキングコースは山歩きでしたが、今日は原生林に囲まれ、そしてラフティングをしながらトンガリロ国立公園を違う角度で楽しめます。迫力のある清流ももちろんですが、穏やかのところも多くあるのでのんびりと周辺の森や動物を見学することもできます。ラフトの下に川を上るニジマスの姿も見えます。インストラクターは誰よりもよりトンガリロのことを知っているので情報収集もできます。実はトンガリロ川は凄い川です。
セルフ・ライブで来られるお客様はラフティング終了後、宿泊先に戻り荷物を取ることができますが、路線バス利用のお客様ならラフティング主催会社の送迎でひとまずタウポまで戻ることができます

- 食事: 含まれません
お問い合わせ
予約

Tour Package 2:クィーンズタウン:必ず挑戦したくなるパラグライディング・アドベンチャー

Queenstown – Activities needed to be done while in Queenstown – including accommodation

パラグライディング

パッケージ内容:
アドベンチャー大国クィーンズタウン宿泊(3泊)、
パラグライディングもしくはハンググライディング体験、
クィーンズタウン空港 – ホテル間の往復送迎、
パラグライディング・ハンググライディングへの往復送迎、

Highlights アドベンチャー大国クィーンズタウンに滞在しながら(3泊)、必ず挑戦をしたくなるアクティビティを楽しんで頂きます。
パラグライディングもしくはハンググライディング体験(一日で両方のアクティビティに参加するコンボ手配も可能)を通じてニュージーランドのアクティブライフスタイルを味わえます。アドベンチャーアクティビティー参加後、まるで人生観が変ったようなものです。
クィーンズタウン空港 – ホテル間の往復送迎およびアドベンチャーアクティビティ当日の往復送迎が含まれていますので目標にしていたアドベンチャーアクティビティに集中できます。
料金/2名より (~2017年3月) NZ$630.00/人~(3名、4名~10名の場合の料金設定もあります)
・クィーンズタウン宿泊(3泊)
・クィーンズタウンのアドベンチャー体験
・クィーンズタウン空港 – ホテル間の往復送迎、パラグライディング・ハンググライディングへの往復送迎
Enquiry ご質問、追加情報の入手をご希望される場合、お問い合わせをしてください。パッケージツアーの内容はお客様のご希望に応じてカスタマイズすることも可能です。
パラグライディング
パラグライディング

Day 1: Arrive Queenstown、Transfer to Queenstown Hotel

クィーンズタウン空港で日本語ガイドと合流をし、市内ホテルへ向かいます。ホテルチェックインは午後2時以降となりますが、いつでもお荷物をフロントに預けることができます。チェックイン後クィーンズタウンでの自由行動の時間が始まります。

- ホテル: リッジス・レイクランド・リゾート(予定)2名・1室(ツイン利用)
- 食事: 含んでいません

Day 2: Queenstown - Half Day Paragliding or Hang gliding Adventure

クィーンズタウン到着前、アドベンチャーアクティビティの参加は特に考えていなかったかもしれませんが、クィーンズタウンのアクティブな雰囲気につられて、必ず何かのアドベンチャーアクティビティに参加したくなる、という方々が多いです。その中、やはり事前に参加をしたいアドベンチャーを決めて一つの目標を作れば良いと思います。一押しのアドベンチャーはタンデム・パラグライディングもしくはハンググライディングです。参加する前の緊張感、終わった後の優越感は言葉に表しにくいですが、まるで人生観が変わったようなものです。
1999年からなんと40,000人も体験をし、このアクティビティで高所恐怖症を克服している人もいます。75歳を超えた方も、子供もパラグライダーやハンググライディングは今でも楽しめています。
タンデム・パラグライダーもしくはハンググライディングのスタート地点をクィーンズタウン市内から移動をします。準備が整った後、いよいよ鷲(わし)のようにクィーンズタウンの空を滑空します。一人ではなくて経験豊富なインストラクターも一緒に乗るので安心そのものです。コロネット・ピークのスタート地点は標高 1,100メートルもあり、冬の風景が雪山、夏の風景が見渡す限りザ・リマーカブルス、ワカティプ湖、サザンアルプスが贅沢に続きます。一度パラグライダーを体験すると、二度、三度もしたくなります。 標高の高い山から飛び出すと、言葉は不要ですがこのアドベンチャーアクティビティには日本語、英語、スペイン語、いろんな言葉を話インストラクターもいます。
約2時間のタンデム・パラグライダーツアー(フライト時間は約20分)が終わりますと、アドレナリンがまだ収まらないまま、クィーンズタウン市内へ戻ります。

- ホテル: リッジス・レイクランド・リゾート(予定)2名・1室(ツイン利用)
- 食事: 含まれません

Day 3: Queenstown – Full Free Day at leisure

クィーンズタウン終日自由行動となります。数えきれない程のアクティビティがありますが、アドベンチャー系でしたらキャ二オニング、水上アクティビティならミルフォードサウンドでのカヤック、それともラフティングやジェットボートはいかがでしょうか?。

- ホテル: リッジス・レイクランド・リゾート(予定)2名・1室(ツイン利用)
- 食事: 含まれません

Day 4: Depart Queenstown Hotel for Domestic Airport

ホテルをチェックアウトして、用意されている送迎にてクィーンズタウン空港へ移動します。

お問い合わせ
予約

Tour Package 3:クィーンズタウン – 世界自然遺産を100%満喫

Queenstown – 100 % fun in World Heritage Park – including accommodation

ミルフォードトラック

パッケージ内容:
クィーンズタウン市内ホテルで3泊、
ミルフォードトラック一日ハイキング、
ジップトレック参加、
ショットオーバージェット体験、
すべての送迎、

Highlights クィーンズタウンが提供してくれる大自然とアクティビティのコラボレーションです。効率も良く、金銭にもお得です。滞在日が2日間あれば後は心配することはありません。それぞれのアクティビティ代金、宿泊からの往復送迎も含んでいます。手配は先方にお任せをして頂き、お客様は存分にニュージーランドのアクティビティ王国に浸してください。宿泊プランもご用意できますので宿泊、アトラクションというトータルパッケージはいかがでしょうか?。
料金/2名より (~2016年3月) NZ$1025.00/人~
・クィーンズタウン市内宿泊(3泊)
・終日ミルフォードトラックハイキング
・人気アトラクションエコ・ジップ参加
・ジェットボートの先駆者ショットオーバーリバーのジェットボート体験
・到着日および出発日の空港への往復送迎
・終日ハイキングおよびジェットボート体験までの往復送迎
Enquiry ご質問、追加情報の入手をご希望される場合、お問い合わせをしてください。パッケージツアーの内容はお客様のご希望に応じてカスタマイズすることも可能です。
パラグライディング
パラグライディング

Day 1: Arrive at Queenstown and Transfer to Hotel

クィーンズタウン空港で日本語ガイドと合流をし、市内ホテルへ向かいます。ホテルチェックインは午後2時以降となりますが、いつでもお荷物をフロントに預けることができます。チェックイン後クィーンズタウンでの自由行動の時間が始まります。夕方には翌日のミルフォードトラックハイキングのブリーフィング(前日の説明会)が行います。宿泊ホテルからの徒歩圏内となりますが、当日のガイドから場所説明は行います。

- ホテル: ハートランド・ホテル・クィーンズタウン(予定)2名・1室(ツイン利用)
- 食事: 含んでいません

Day 2: Queenstown – Milford Track Hiking Encounter

トレッキングの経験がなくても世界遺産(自然遺産)のテ・ワヒポウナム南西ニュージーランドの中にあるミルフォード・トラック・エンカウンター(1日体験)を歩けます。体力的にはきつくもなく、楽でもないが世界遺産の中を歩いていることだけでも心拍数が上がります。別名は“世界一美しい散歩道”とも言われています。クィーンズタウン発着となりますが、まずクィーンズタウンから陸路にてテアナイへ移動します。テアナイから船で湖を渡り、いろいろミルフォード・トラック・トレッキングのスタートです。往復11km、 歩行5時間、所要時間9時間と少し長い一日になりますが安全で尚且つニュージーランドの魅力を余すことなく盛り沢山のコースです。

- ホテル: ハートランド・ホテル・クィーンズタウン(予定)2名・1室(ツイン利用)
- 食事: 昼食

Day 3: Queenstown – Adrenalin pumping Activities of Queenstown

午前: Shotover Jet Boat
午前中、ジェット・ボートというアクティビティの先駆者であるショット・オーバー・ジェット・ボートに参加します。1970年からショットオーバー川で300万人以上の参加者を誇るアドレナリンたっぷり働かせるアクティビティです。一番のハイライトは360度フルスピンに違いない。スピードを加速してドライバーがボートを丸ごと360度回転させ、勢いをしなうこともなくそのまま川沿いに更にスピードを上げていきます。
午後もしくは夕暮れ:  Zip Trek
ジェット・ボートの体験を終え、再び市内へ戻ります。次のアクティビティの前に数時間の自由行動があります。午後もしくは夕暮れには、最早クィーンズタウンを代表するもう一つのエコ・ジップへ行ってもらいます。 エコ・ジップはフライングフォックス(動物:オオコウモリ)という乗り物に乗り、最大3時間をかけて6つのルートを壮大に飛び回るアクティビティです。標高700メートル以上、クィーンズタウンの天蓋森林を通り抜きながら最大70キロまでスピードを出すことができます。 初心者向けのコース(2時間:4ルート)もありますが、もう少し自分を試したいならケア・ライン(Kea Line)コース(3時間:6ルート)がお勧めです。最後もフライングフォックスで山を下っていくので最後まで息を呑みこむほどの景色を楽しんでいただけます。

- ホテル: ハートランド・ホテル・クィーンズタウン(予定)2名・1室(ツイン利用)
- 食事: 昼食

Day 4: Queenstown – Depart Queenstown and Transfer to Domestic Airport

ホテルをチェックアウトして、用意されている送迎にてクィーンズタウン空港へ移動します。

お問い合わせ
予約

マウンテンバイク

ワイカト地区(北島・中央) ★ ザ・ティンバー・トレイル(セントラル・ノース・アイランド)


ネルソン

古代の森で心の入れ替えをしてみませんか?近頃サイクル・マウンテンバイクの旅はニュージーランド全国で人気になっています。グレート・ライドとして8つのコースは選ばれて、現在人気上昇ですが、それ以外でも数えきれない程のコースは存在・企画されています。
この“ザ・ティンバー・トレイル”はニュージーランド・サイクル・トレイル連盟で認定されている新しいコースです。コースでは木材産業が昔使っていたトラムライン(線路)や新しく作ったトレイルに沿って、マウンテンバイクやサイクルで全長85キロのコースを楽しめます。オークランド、ハミルトン、ロトルアやタウポからアクセスも良くて、フリーな一日、二日があればすぐ行けます。

ハイライトは何と言ってもトレイル内の8つの吊り橋からの眺め(一番長い橋は141メートル)です。 その他にも35の橋も、古代の森の美しさも、そして心が癒される鳥の声もエンジョイできます。古代の森なのでニュージーランドならの巨木・樹も見事に揃っています。

全長85キロと言ってもその全部をライドする必要はありません。 途中でトレイルにジョインできますので気楽に好きな場所からスタート・フィニッシュができます。 (85キロ全長を走る場合、2-3日間は掛かります。途中の宿泊も必要となりますのでご了承ください)。

今回ご紹介しているのは、第一区の Pureora to Piropiro (40 km) - グレード3(中級)の部分です。 参加しやすくなるため、マウンテンバイクのレンタル、そしてロトルア市内からの往復送迎も含んでいます。(セルフ・ドライブの方なら送迎は必要ないかもしれませんので一度お問い合わせをしてください)。2泊の宿泊プランもございますので(スタンダード・ホテルにて)ご参照ください。

※ザ・ティンバー・トレイルの中にいくつかのコースに分かれているのでご参照ください。体力レベルもグレード2又はグレード3となります。

グレード コース
2(初級) Piroprop to Ongarue (45 km)
2(初級) Pikiariki to mountain bush end (8 km)
2(初級) Crawler tractor loop (5 km)
3(中級) Pureora to Piropiro (40 km)
3(中級) Maraeroa cycleway (23 km)
3(中級) Piropiro to Angels Rest (13 km)
料金 NZ$370.00/人 (~2015年3月)
最少催行人数 2名~(NZ$370.00/人 、ロトルア宿泊なし)
2名~(NZ$495.00/人 、ロトルア宿泊あり(1泊のみ))
ロトルア予定ホテル Sudima Hotel Rotorua (ルームのみ、食事なし、1泊のみ)
マウンテンバイク経験 必要ありません。
含まれるもの フル・サスペンションを持つマウンテン・バイクのレンタル(終日)、防水加工トレイルマップ
所要時間 ライドするペースによります。
食事 含んでいません。
送迎 行き:日本語ガイド兼ドライバーによる 
帰り:ロトルア⇒プレオラおよびピロピロ⇒ロトルアの往復送迎は含んでいます。 
※プレオラ森林パークに入られる前に注意事項や安全事項も説明させていただきます。
お問い合わせ
予約

ロトルア(北島) ★ サーマル(地熱)・バイ・バイク・ロトルア

NZ$370.00/人(~2015年3月)

ロトルア

ロトルア地方義議会およびニュージーランド・サイクル・トレイル・プロジェクトの協力でサーマル・バイ・バイクという全長74キロのサイクル・トレイルは完成しました。路線バス、レンタカーなどでロトルア大地熱地帯を見学するのもいいですが、マウンテン・バイクに乗って地熱地帯を探検すると、また別の良さを体で感じることができます。トレイル内には地面からの排出してくる蒸気、泥がぼこぼこ湧いてくるマッド・プール、そして地中から吹き出す間欠泉に圧倒しながらレイク・オハクリまで目指すコースです。全長を体験したいなら2日間をお勧めしますが(宿泊手配は必要となります)、このコースの良いところは2区間に分けることができます。1日目はロトルアからワイオタプ(48キロ、4~6時間、初級~中級)、2日目はワイオタプからライク・オハクリ(26キロ、2~3時間、中級)です。全長74キロを体験したい場合、適切な宿泊の手配をさせて頂きますが、ここでは見るところ満載の1日目のコースにバイクレンタルおよび宿泊1泊のパッケージをご用意させて頂いています。ニュージーランド人だけでは、ヨーロッパ、北米などの方々の中に人気になっているバイク・トレイルのブームに体験しませんか? (サイクルする前に日本語ガイドによる説明およびバイク・トレイルの地図などの情報を事前ご用意しています)

サーマル・バイ・バイク・コース内容

◭ ロトルア・インフォメーションセンター → ロトルア湖畔を6キロ走りファカレワレワ・マオリ・ビレッジへ (サーマル・バイ・バイク標札に沿って)
◭ ファカレワレワ・マオリ・ビレッジからテ・プイア(間欠泉)を通り、ヘモ渓谷へ (ヘモ渓谷の入り口にはカフェなどがあります)
◭ ヘモ渓谷を出発し、数キロ舗装されている道を走ります。そして森林に入り、トレイルに沿って前に進みます。 (トレイルはワイマング通りに沿って作らせています。約31キロ)。大地熱地帯らしい見所や大自然を楽しみながらワイマング火山渓谷へ向かいます。
◭ ワイマング火山渓谷からワイオタプへ。この区間にもマウンテン・バイクだからこそ発見できるところはあります。その中誰でも見たい、誰でも入りたい自然の温泉、ケロシン・クリークにも出くわします(森林の中に流れている温泉川です。水着を必ず持参してください)。
◭ ケロシン・クリークからは砂利道を使って目的地のワイオタプへ
ワイオタプに到着すると、日本語ガイド兼ドライバーがお待ちしています。車にマウンテン・バイクを載せ、宿泊のロトルアへ移動をしますがせっかくなのでワイオタプにあるカフェでローカルの人々と一杯の祝杯をしてください。 (ハニー工場にもあります)。

料金 NZ$370.00/人(~2015年3月)
最少催行人数 2名 ~
ロトルア予定ホテル Sudima Hotel Rotorua (ツイン利用のルームのみ、食事なし、1泊のみ)
※ロトルア宿泊ホテルの手配が不要な場合、お問い合わせください。
マウンテンバイク経験 必要ありません
含まれるもの フル・サスペンションを持つマウンテン・バイクのレンタル(終日)、 ヘルメット、防水加工トレイルマップ、出発時の日本語ガイドアシスト、ワイオタプからロトルアへの帰路送迎
所要時間 4時間~6時間 (ロトルア~ワイオタプ間)
食事 含んでいません。
送迎 出発時の日本語ガイドアシスト、ワイオタプからロトルアへの帰路送迎
お問い合わせ
予約

Top