Experience New Zealand
知られていないニュージーランドは手が届くところに・・・

ネイチャー&ロッジサンプル日程表

11 Day Luxury & Landscape Experience
11日間 -ニュージーランドが提供してくれる大自然およびラグジュアリー宿泊を満喫して頂きます。

ニュージーランドの北島、南島にはそれぞれ違った地形、景色が存在しています。手付かず大自然が残っているからこそ多くの観光客が訪れる訳ですが、ラグジュアリー宿泊を選びますと、そのロッジには独特な大自然がもれなくついてきます。11日間に渡り、できるだけ多くの大自然を楽しみながらニュージーランドならでの最高のおもてなし、ラグジュアリー宿泊を紹介させて頂きます。お客様のプライバシーを最大に配慮しながら弊社が慎重に選んだ“一生に一度”のユニークな宿泊が揃っています。ニュージーランドのレベル高いホスピタリティで、五感を是非目覚めさせて下さい。


目安料金: 滞在時期および人数によって料金が異なります。NZ$20,650.00 (*1) per person (お一人様料金 /2名・1室利用)

(*1) 全ての料金がニュージーランドドルでの表示となります。
(*2) 日程表に記載してある復国内線の運賃が含んでいません。 弊社側での予約・発券も可能となりますので国内線のご予約が必要な場合、お問い合わせください。
(*3) ヘリコプター遊覧および移動の料金が含んでいますが、料金が変動しますのでお問い合わせ・ご予約の際、正確な料金をご案内させて頂きます。 下記の日程表はあくまでもサンプルになります。お客様のご希望・ご要望に応じて宿泊スタイル、宿泊クラスをカスタマイズすることが出来ます。
お問い合わせ
Day 1: Arrival and Transfer to Geothermal wonderland

オークランド国際空港にて弊社スタッフがお迎えに上がらせて頂きます。ご旅行の日程の説明をした後、ガイドと共にデラックス専用車にて最終行き先ロトルアへ向かいます。国際空港を出発すると、いよいよニュージーランドでの旅が始まります。わずか30キロ程度を移動すると、ニュージーランドを代表する“起伏をするファームランド”風景に突入します。最初にストップは世界第8不思議とも言われていた神秘的なワイトモ鍾乳洞です。現地のレンジャーと共に約45分間洞窟内を見学して頂きます。美しい形をしている鍾乳洞や綺麗な水を好むニュージーランド土ボタル鑑賞もお楽しみください。
ワイトモ洞窟からは約135キロの移動で、ニュージーランド国内最大の地熱地帯、ロトルアに到着をします。ニュージーランドのホスピタリティ、ニュージーランドの温もり、そしてワールド・クラスのグルメ料理を実感して頂くため、本日の宿泊はニュージーランド全体のラグジュアリー・ロッジを代表するソリティア・ロッジです。

Included Meals: 夕食前のカナッペ&ドリンク、5コースセットディナー、ミニバー利用、フルブレックファスト、昼食(軽食)
Accommodation : Solitaire Lodge / ソリティア・ロッジ – タラウェラ・スイート
Day 2: History amongst beauty

到着日のお疲れ、そしてソリティア・ロッジの暖かいサービスに浸す為、本日は自由行動になります。どのご要望があれば、親切なスタッフは対応してくれます。当ロッジのグルメ料理もワールド・クラスと評されているので食事をごゆっくりお楽しみください。ラグジュリー・ロッジに求めるアメニティやサービスも整っていますので滞在者を完全に癒してくれます。
地熱地帯で有名なロトルアや先住民のマオリの文化に触れたい場合、ソリティア・ロッジを拠点として、歴史深いマウント・タラウェラへの遊覧飛行、ハイキング、近くの川での釣り、自然な温泉などのアトラクションも充実しています。事前にご連絡を頂ければ弊社は全ての手配をさせて頂きます。

Included Meals: 夕食前のカナッペ&ドリンク、5コースセットディナー、ミニバー利用、フルブレックファスト
Accommodation : Solitaire Lodge / ソリティア・ロッジ – タラウェラ・スイート
ソリテア・ロッジ
ソリテア・ロッジ
ソリテア・ロッジ
Day 3: Transfer from Rotorua to Wine Country

時間の効率を図り、本日の移動手段はプライベート・ヘリコプターとなります。ロトルアから東海岸にあるホークスベイ―まで約45分で移動できます(ニュージーランド航空による国内線利用も可能です)。ソリティア・ロッジでお荷物と一緒にヘリコプターに乗って頂き、ホークスベイまで劇的な景色、手付かず自然を上空から楽しんで頂きます。ヘリコプターは直接宿泊先、ケープ・キッドナッパーズに着陸します。ホークスベイはニュージーランド・ワインを代表する地域であるが、本日お泊りになるラグジュアリー・ロッジもニュージーランドを代表するロッジの一つです。ケープ・キッドナッパーズでのエクスペリエンスをお楽しみ下さい。 ケープ・キッドナッパーズ到着後、広大な6000エーカーの敷地内を自由に探検してください。現在でもケープ・キッドナッパーズはワーキングファームを運営され、多くの羊や牛も飼育されています。アドベンチャーに挑戦したいなら、4wdのバイクに乗ってみてください。もしくは、以前から乗馬をしたいと思った場合、ロッジのスタッフは乗馬トレックの用意ができます。馬に乗り壮大な景色を見るのも良い思い出になるに違いないです。

Included Meals: 夕食前のカナッペ&ドリンク、3コースセットディナー、ミニバー利用、フルブレックファスト
Accommodation : Cape Kidnappers / ケープ・キッドナッパーズ – ロッジ・スイート
Day 4: Kiwi Discovery Walk

午前、ユニークなエクスペリエンスが皆さんを待っています。キウイ・ディスカバリー・ウォークに参加して頂く予定ですが、ケープ・キッドナッパーズにはニュージーランド国鳥であるキウイも保護しています。キウイを間近に見て頂く他、ガイドがどのようにキウイの世話や保護を行っているかも聞いて頂きます。
午後は自由行動となり、ニュージーランドのワイン生産量をナンバー2に誇るホークスベイのワインツアーに出かけることもお勧めします。多くの白ワイン、赤ワイン、スパークリングが生産されているのできっとお口に合うワインを見つけることができます。 もしくはゴルフが趣味であれば、どなたでも憧れるケープ・キッドナッパーズゴルフ・コースでワン・ラウンドのゴルフはいかがでしょうか?隣接しているゴルフ場は6000メートルを超すものです。デザイナーコースである上、常の世界トップ100ゴルフ場の中に上位でランクインしています(38位)。ゴルフの為だけでも、ケープ・キッドナッパーズに来られるお客様も決して少なくはありません。

Included Meals: 夕食前のカナッペ&ドリンク、3コースセットディナー、ミニバー利用、フルブレックファスト
Accommodation : Cape Kidnappers / ケープ・キッドナッパーズ – ロッジ・スイート
ケープ・キッドナッパーズ
ケープ・キッドナッパーズ
ケープ・キッドナッパーズ
Day 5: Transfer to Queenstown

ケープ・キッドナッパーズのチェックアウトを済ますと、専用車にてネーピア国内空港へ移動をします。国内繊に搭乗するとともに、ニュージーランドの北島にお別れを告げます。 ニュージーランド空港ご利用でネーピアからクイーンズタウンへ。(*2) クィーンズタウン空港到着後、お待ちしている日本語ガイドと合流をして頂き、デラックス専用車の送迎にて本日の宿泊先へ移動をして頂きます。ロトルアの宿泊、そしてホークスベイの宿泊も満足されますが、本日の宿泊先 – マタカウリ・ロッジもご期待ください。ホークスベイの姉妹施設となるマタカウリ・ロッジは抜群な位置に建設され、パノラマビュー同様ロッジのサービス、食事には欠点のないトップ・クォリティです。宿泊して頂くのはロッジのロッジ・スイートタイプのものとなります。

Included Meals: 夕食前のカナッペ&ドリンク、グルメディナー、ミニバー利用、フルブレックファスト
Accommodation : Matakauri Lodge / マタカウリ・ロッジ - ロッジ・スイート
Day 6: Enjoy the the Town suitable for a Queen

クィーンズタウンのスローライフスタイルをお楽しみ下さい。自由行動の中、マタカウリ・ロッジの優れたサービス、ワールドクラスグルメ料理そして周囲の美しすぎるニュージーランド大自然をお楽しみ下さい。又、マタカウリ・ロッジを拠点にして、ワカティプ湖で100歳を超えた蒸気船によるクルーズにご参加するのも良いかもしれません。

Included Meals: 夕食前のカナッペ&ドリンク、グルメディナー、ミニバー利用、フルブレックファスト
Accommodation : Matakauri Lodge / マタカウリ・ロッジ -ロッジ・スイート
Day 7: Fiordland National Park and Milford Sound

本日、ミルフォードサウンドを優雅に楽しんで頂きます。ロッジのスタッフによる送迎でクィーンズタウン空港へ移動をして頂き、プライベートヘリコプターに乗って頂きます。上空からフィヨルドランド国立公園の美しさを確認しながらミルフォードサウンドへ。ミルフォードサウンド到着後、約1時間45分のシニック・クルーズにご参加になります。海面から岩山が一気にそそり立つ、落差160メートルを持つ滝などを間近にご覧いただきます。陸路なら5時間程度かかる帰り道も専用ヘリコプターにて移動をして頂きます。

Included Meals: 夕食前のカナッペ&ドリンク、グルメディナー、ミニバー利用、フルブレックファスト
Accommodation : Matakauri Lodge / マタカウリ・ロッジ -ロッジ・スイート
マタカウリ・ロッジ
マタカウリ・ロッジ
マタカウリ・ロッジ
Day 8: Transfer to Canterbury Plains

ニュージーランド旅行の後半に入りましたが、決して内容は劣りません。クィーンズタウン滞在はここで終了しますが、セントラル・オタゴ地区を跨いで多くの農地が続くカンタベリー平野へ向かいます。デラックス専用車の移動で凡そ430キロの移動でマウントクック国立公園への分岐点を示すプカキ湖やエメラルドグリーン(雪解け水)に輝くテカポ湖などにも立ち寄ります。本日の最終目的地はカンタベリー平野のハイ・カウントリーにあるテラス・ダウンズ・リトリートです(日本人のオーナーを持つリゾートでもあります)。ゴルフ場が隣接していることで有名ですが、ゴルフ以外のアクティビティも充実しています。宿泊をするのは1泊のみですが、時間が許す限り、敷地内のハイキング・トレッキング、アーチェリー、射撃、乗馬、スポーツ施設、スパなどをお楽しみ下さい。又、当リトリートがハイ・カントリーにあるため、他の南島の景色と異なるため、とても新鮮な滞在になります。マウントハットスキー場も車にて20分しか離れていないので雪山の風景が皆様のご到着をお待ちしております。

Included Meals: フルブレックファスト
Accommodation : Terrace Downs / テラス・ダウンズ – 1ベッドルーム・ヴィラ
Day 9: Garden City and beyond

テラス・ダウンズのチェックアウト時間は午前11時までとなり、ぎりぎりまでおくつろぎください。 比較的に移動の少ない一日になりますが(約2時間)、途中クライストチャーチにもご案内させて頂きます。ニュージーランド国内で3番目人口の多い街でもありますが、地元の人はスローなライフスタイルを好む。クライストチャーチが誇る路面電車、広大なハグレイ・パーク、多くのゴシック建築の他に震災後の復興状況を確認することが出来ます。 クライストチャーチ市内をガイドと共に楽しんだ後、クライストチャーチの街にぴったりの宿泊施設へ移動します。国外ではまだそれほど知られていない宿泊先かもしれませんが、アナンデイルの存在を知れば必ず泊まりたくなるロッジの一つです。クライストチャーチからは約1時間離れたバンクス・ペニンシュラ(半島)にあり、アナンデイルのロッジ設備を初め、位置をしている環境を見るともしかしますと今回のご旅行の中で一番印象的かもしれません。プライバシーを最大に優先する宿泊先で、ニュージーランドの歴史および現代なラグジュアリーをバランスよく語るロッジでもあります。

Included Meals: 夕食、 フルブレックファスト
Accommodation : Annandale / アナンデイル - シースケープ
アナンデイル
アナンデイル
アナンデイル
Day 10: Depart with so many Memories

遠方に出かける必要がありません。広大な敷地内、すぐ近くには数え切れない程のアクティビティがあります。ファームツアー、カヤック、セイリング、フィッシング、ハイキング、マウンテンバイク、世界一番小さいイルカと泳ぐクルーズやアナンデイルでの一押しのクッキングレッスンなども良いかもしれません。何もしないで優れた環境で優れた宿泊でくつろぎのも一つの贅沢です。 アナンデイルの核にあるのはグルメ食事、そしてワインにもあります。イン・ハウス・シェフに何かもをお任せするのもできますが、用意をさせた食料を各自で調理をしてみるのも良いかもしれません(クッキングマニュアルを含む)。誰にも見られなく、プライベートな環境で優雅に時間の流れを感じてください。

Included Meals: 夕食、 フルブレックファスト
Accommodation : Annandale / アナンデイル - シースケープ
Day 11: Depart

アナンデイルをチェックアウトすると同時に、再び空からのお迎えが参ります。お荷物と共にヘリコプターに乗って頂き、クライストチャーチ国際空港へ向かいます。クライストチャーチ空港には弊社スタッフがご到着をお待ちしており、日本への帰国便のチェックインアシストを手伝わせて頂きます。


Top